忍者ブログ
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
報告して下さった方には、その人のご希望(例:イラストリクエストなど)に添えたいと思います。
お知らせ
拍手コメントに返信が欲しい場合には、文頭か文末のどちらかに※印を付けて下さい。(通常コメントには従来通り100%返信します)
プロフィール
HN:
イヤフォン
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1992/06/07
自己紹介:
ゲームが大好きで、特にKHシリーズが大好きです。

声優であり俳優である、
内山昂輝さんを尊敬し、応援しています。

「つながり」毎日更新を目標にしています。

相互リンク大歓迎です。
最新CM
[03/04 ゲシャン]
[03/01 reiya]
[01/01 なちょ]
[12/17 ゲシャン]
[10/26 ZACK]
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
スクエニメンバーズ アバター
最新TB
ザックス 体力測定
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
「KHシリーズ」と「FFシリーズ」の情報を伝えることを中心的に、時々日々の戯言を綴っているブログです。 リンクは一言言ってください。 拍手コメントに返信が欲しい場合には、文頭か文末のどちらかに※印を付けて下さい。(通常コメントには従来通り100%返信します) ※携帯からも観覧可能ですが、PC観覧推奨です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



『キングダム ハーツ 10th Anniversary Premiere Event』に、お台場まで行きました!

(ドナルドの所が丁度明りで見えません^^;)


今日はそのレポートについて纏めたいと思います^^

ヴァンガードを視聴してから出発して、10時過ぎに到着しました。
ですが、その時点で多くの人達が並んでました。
並んでる間は、キングダムハーツの小説を読んだり、
『キングダムハーツ バースバイスリープ』(オリジナル、FM版両方)をプレイしてました^^

外で並んでたんですが、途中で途中で建物内に入らせてもらって、
会場内で待ってました。
その会場、教会広場に行くまでに、
色んなキングダムハーツ関連のものが展示されてました^^


  

ソラ達がお出迎えです!


さらに進むと…






















歴代『キングダムハーツ シリーズ(以下:KHシリーズ)』のポスターが!




『キングダムハーツ 358/2Days』のポスターの左下辺りをよく見ますと…



野村さんのサインが入ってました!




今までの『KHシリーズ』のPVが、モニター内に流れてました^^
(撮影した時は、丁度ビーストが映ってますね^^)





このポップは撮り方があまり良くないので、分かりにくいんですが、
ソラ達が飛び出していいます^^


※ココまでの写真は、イベント終了後に撮影しました^^


そして教会内で待機中、Dearly Beloved(KH3D バージョン)が流れました!
さらに!もうしばらく待ちますと、周りにキングダムハーツの様々なシンボルが
辺りに現れました!


    




シンボルが流れるように現れたり消えたりしまして、
10回以上撮った中で、まともに撮れたのがこの3枚ぐらいでした^^;

イベントスタート時に流れてきた曲は、soraです!
soraが流れる中、司会のお姉さんが登場!
司会のお姉さんがキングダムハーツについて説明をして、
ゲストとして!あの!橋本さんが登場しましたー!!
(橋本さんを生で見るのは、イクスピアリの時以来2回目です^^)

橋本さん曰く、『キングダムハーツ3D[ドリームドロップディスタンス]』同梱版は
可能な限りの数を用意してたらしいのですが、
全然足りなかったらしくて、この場で謝罪してました。

橋本さんと司会のお姉さんとのトークをしてから、とある映像がながれました^^
自分は第1回目のイベントに居た事もあり、「
ここにいるあなた方は全世界で初めて見られる方々です!」
という橋本さんの言葉で、自分を含む会場内の人達のテンションが上がり、
映像がスタートしました!

教会の壁面や、天上をスクリーンに見立て、大画面で流れる映像は凄かったです!
映像が流れ終わった後で、橋本さんが
「この映像は『KH3D』のオープニングなので、起動したらいつでも見られます!」
という言葉に、またまた自分を含む来場者さんのテンションがアップです!

ココからは、そのオープニング映像についてです^^

上の映像はプリレンダリングムービーによるもので、
最初はドナルドとグーフィーが空から落ちていき、
その後で、髪からソラが現れソラも一緒に落ちていくというところから始まります^^
カイリの心がソラの中に行くシーンの後、
螺旋階段から落ちるソラが、1年間眠ってたポッドに落ちた瞬間、
そこからロクサスが生まれおちるというシーンで、
会場内に歓声が上がり、さらにシオンとの対峙後に流れた
トワイライトタウンの時計台でアイスを食べてるロクサス、アクセル、シオンのシーンで、
会場のボルテージはさらに上がりました!(モチロン自分もです!)

最後の最後で、キーブレード墓場でゼアノートと戦うシーンなのですが、
最初はソラとリクと王様の3人が、
紙からロクサス達や、ヴェントゥス達BbS3人組が登場し、
キーブレードに選ばれた人たちが全員集合してゼアノートに立ち向かうというシーンで
プリレンダリングムービー場面は終了しました!

この全員集合で、会場内のボルテージはMAXで、
自分も映像内容の凄さと、プリレンダリングムービーの美麗さで、
映像終了後、思わず涙が出てきました。
涙を拭いながら辺りを見まわすと、近くに居た男の人達も涙を拭ってました。
鳥肌も凄くて、口がガクガクして噛み合わないという事まで起きました^^;
(両手で口元を隠してました^^;)

それほど、あの会場内を生かした映像演出、映像内容だったんです!
本当に感動しました!
早く発売して、オープニングを繰り返して見たいです!!

文章だけですと、凄さがイマイチ伝わらなくてスミマセン^^;
文才欲しいです^^;


映像終了後は、“キーブレード エクスペリエンス”がスタートしました^^
これは、教会広場の壁にキーブレードを振り回したりかざしたりすると,
シリーズに登場するキャラクター達の姿が映し出されるというものです^^

最初に橋本さんがお手本を見せてくれました^^



橋本さんが見えにくいです^^;


キーブレード振り回すと…
  



          ↓↓
 



こんな感じで薄い状態から映し出されます^^








  





“キーブレード エクスペリエンス”が終了し、イベントが終了しました^^
あっという間に終わり、時間がそんなに経ったように思えませんでした!
(楽しい時間ってあっという間ですよねー)





その後は、映し出されたワンダニャンに触れられるというギミック(仕掛け)もありました^^

 

 

 


たくさんのちっちゃいワンダニャンの中に、
でっかいワンダニャンが!!

 





その後、レポートの最初に載せた写真を撮ってました^^

あと、レポートに載せてもいいのかどうか分からないので載せてないんですが、
『キングダムハーツⅡ』のソラのコスチュームを着せたダッフィー人形を
持ってる方がいらっしゃったので、「撮ってもいいですか?」っと一言言ってから
そのダッフィーを撮らせて頂きました^^
本っ当に可愛くて、お見せできないのが残念です;;
(「ブログに載せてもいいですか?」っとも言えば良かったですねー^^;


貰ったポストカードです^^

表               裏
  


このポストカードは、橋本さん曰く、
「KINGDOM HEARTS 10th Anniversary 3D+Days+Re:coded BOX」の
ポストカードセットには無い限定らしく、その言葉に会場内はまた盛り上がりました!


以上が、『キングダム ハーツ 10th Anniversary Premiere Event』のレポートです^^
読みにくい点が多くてスミマセン…
ココまで読んで下さり、ありがとうございました!

そのほか、イベントの予告映像と、ゲームサイト様の記事を2つご紹介します。




驚きの映像体験! “キングダム ハーツ 10th Anniversary Premiere Event”をリポート ファミ通.com

「KINGDOM HEARTS 3D [Dream Drop Distance]」のオープニングも初公開。「KINGDOM HEARTS」シリーズ10周年記念のプレミアイベントをレポート 4Gamer.net



≪おまけ≫



帰りに某所に行った時のエレベーターです^^
ココに映ってる商品は近日発売なんですが…全て欲しいですね!

拍手[3回]

PR


《ジャンプフェスタ2012 スクウェア・エニックス レポート》
 
スクエニブース:その他のブース=9,5:0,5の割合で滞在して、思う存分楽しんでました^^
そして、試遊回数は、『キングダムハーツ3D[ドリームドロップディスタンス](以下:KH3D)』9回、
『シアトリズム ファイナルファンタジー(シアトリズムFF)』1回です。
『KH3D』(その内ソラ編3回→リク編1回→ソラ編1回)→
『シアトリズムFF』1回→『KH3D』4回(ソラ編を中心にプレイして、
1,2回ソラをドロップしてリク編にチェンジ)
何度もプレイするほど、『KH3D』は楽しかったです^^

試遊に並んだ時にスタッフさんからカイロを貰いました^^
優しさが感じられます^^


【キングダムハーツ3D[ドリームドロップディスタンス](以下:KH3D)】
〈感想&出来事〉
KH3Dは入場一直線にスクエニブースへ行き、一直線で並びました!
人の多さで試遊できるか不安があったんですが、それも杞憂に終わり、試遊する事が出来ました!
しかも、入場規制が無かったのがとても嬉しかったです^^
そのおかげで、何度(計9回)も試遊する事が出来ました!

会場の雰囲気は、“Message from the KINGDOM”で写真を見る事が出来ます^^
http://blog.jp.square-enix.com/kingdom/

KHスタッフさんの服が毎回素敵です^^
もし売ってたら言い値で買おうっと言いたくなるほどです!
そして、販売の場所には、なんとワンダニャンの人形がありました!
とても可愛かったです!!
商品化希望です!!


『KH3D』の試遊体験のところには、クリスマスツリーが!



よく見てみますと…

    

ソラとリクとアクセルがいます!
他にも、クラウドとティファがいました^^
『KH』仕様のクリスマスリースもありました^^
 

PVの内容も記事にしようとしてたんですが、
公式がPVを公開したので綴る意味はないですね^^;
前回の記事でPVを視聴出来るようにしておきましたので、そちらで観るか、
YouTubeから観てください^^
今回は早めにPVが公式公開されて嬉しいです!
(まさかジャンプフェスタの次の日に公開されるなんて思ってもみませんでした!)

PVで見れるプリレンダリングムービーが凄過ぎです!!
携帯ゲーム機であそこまでの美しさとボリュームを見る事が出来るなんて驚きです!!
シキとライムと登場決定にも驚きました!!
PVで2人の姿を確認した時はテンションがヤバかったです!!
ヴァニタスやゼムナス、エレウスにイエンツォ、そしてリアの登場にも驚きました!!
そういえば、ソラの服装の背中には、特に何もありませんが、
リクの服装には、背中にドリームイーターのシンボルマークがあります。
何か関係があるんでしょうか。
トロンの世界では、バイクに乗ったバトルがまた出来るみたいですね^^
ソラのトロンの世界のコスチュームは、背中に王冠マークが好きです!
あと、ヨシュアが「自分を諦めたら 世界を諦めるのと同じだよ」っと
すばせかでお馴染みの名言が出たので嬉しかったです!
(後々、下にPVを観た自分なりの考察を綴ります)
 

ここからは試遊版について語ります^^

今回、試遊体験版で冒険したワールドは、
ソラ編もリク編も“カントリー・オブ・マスケティア”(三銃士の世界)です^^
リアリティシフトという機能のワンダーコミックは、
下画面で指示通りに入力を成功させたら、強力な必殺技を出すことが出来ます!

そして、ドリームイーターとの連携なんですが、
ソラとネコキャットとの連携では、ソラが一緒に踊ります!
それが見てて楽しくて、ネコキャットのゲージが貯まったらそればかりしてました^^
ちなみに、ソラとドリームイーターの連携は、一緒に戦い、
リクとドリームイーターとの連携は、リクがドリームイーターの力を借りて戦います!

とあるゲージが消費したらカウントダウンが出てきます。
それが0になったら眠りに入り、キャラクターチェンジします。
キャラクターチェンジはゲージ消費の方法だけでなく、
スタートボタンを押したら、ドロップのボタンがあり、
それを押すと眠りに入り、ソラからリク、リクからソラにキャラクターが変更します!

試遊版は、試遊時間内には終わらないぐらいのボリュームでした^^;
最初は試遊版のストーリーを全て見たかったんですが、あまりのボリュームで、
バトルを楽しむことにしました^^

 

《考察》
ここからは、PVを観た自分の予想です。
あくまでも予想ですので、信じないで下さいね^^;

・アクセルがマレフィセント達から王様達を助けた時、
黒コートのいつものアクセルの姿で、
自身の事を“アクセル”ではなく“リア”と名乗ってました。
そして、賢者アンセムの研究室で、
エレウスと『キングダムハーツ バースバイスリープ』時の姿よりも成長したイエンツォ、
そして黒コート姿のアクセル。
もしかしたらアクセル達は、“ノーバディから消滅した時、
自身のハートレスも解放されてたから、人間に戻った”っという事かもしれません。

・黒コートの男で、初めて登場する人物がいますが、
ゼアノートに少しにてますから、若い頃のゼアノートの姿なんでしょうか?

・ロング版PVのラストで、黒コートの人物(若い頃のゼアノート?)がソラに、
「お前も心を閉じ込めてるんじゃないのか? 
(ここでヴァニタスも現れて)お前以外の心をな」って言葉がありますよね。
ソラ以外の心というのはヴェントゥスの事を言っているのかもしれませんね。

・プリレンダリングムービーで、所々に紙が散らばる演出がありますが、
あの紙ってジミニーメモを指してるんでしょうか?



今回は、PVが早く公開されたという事で、PVの内容については綴りませんでした。
ですが、動画が見られないから内容を知りたいという方がいらっしゃったら、
拙い文章ではありますが、纏めさせて頂きます。

これでレポートを締めさせて頂きます。
分かりにくい点、もっと詳しく知りたい点等がありましたら、気軽に仰って下さい^^
ココまで読んで下さり、本当にありがとうございました!



追記にて、拍手コメント返信です。

拍手[3回]



[東京ゲームショウ2011 スクウェア・エニックス レポート]

今回も、スクエニブースを中心に行動してました^^
サポーターズクラブチケットを購入してたという事で、
入場が早く快適に出来ました♪
それでも、入場するまでは、試遊体験出来るかと不安でいっぱいでした。

スクエニブース全体で驚いた事は、クローズド・メガシアターがなくなった事でした!
だれでも最新PVが観られるのは、とてもいいと思います^^
あと、並んでいる人数が多いから、整理券を配布という事も、今回はありませんでした。
当然の如くあるものだと思ってたので、正直驚きです^^;

それでは、作品ごとに内容と感想を述べていきますが、
自分の記憶を頼りに綴りますので、100%合っているというわけではありません;;
セリフ部分は「こんな感じの似たような事を喋ってたのか」程度に思ってください。




『キングダムハーツ3D[ドリーム ドロップ ディスタンス](以下:KH3D)』

闇は光となり、
光は闇に落ちる。

夢と夢は繋がっている――
夢に落ちる時、
夢を介して「眠りに閉ざされた世界」へと繋がる。
そしてその世界にある「眠りの鍵穴」を開くことで、
世界を開放して行く――

※スクウェア・エニックス TGS2011パンフレットより


入場して真っ先に向かったのが、『KH3D』でした!

試遊体験版では、ソラ編とリク編の2種類から選べて、
ソラ編ではトラヴァースタウン、
リク編ではワールド名を忘れたんですが、ノートルダムの鐘の世界でした。

自分は最初、ソラ編を選びました^^
(この時のソラは、1年前の姿で、新衣装を身に纏ってました)
最初にムービーが流れるんですが、そのムービー内にネクが登場しました!
ソラとネクが会話をして、体験版がスタートします。

今回の敵は、夢を喰らう魔物“ドリームイーター”です。
それは、「夢を喰い悪夢を植え付ける者」と「悪夢だけを喰う者」の
二種類に分かれています。
ソラと一緒に戦ってくれるドリームイーターは、後者ですね^^
ワンダニャンとパンダみたいなドリームイーターと一緒に戦いました。

今回のバトルシステムで、一番の注目はやっぱり“フリーフローアクション”です!
Yボタンを押すだけで、壁を蹴って飛んだり、
ポールで回転したり、手すりを滑って移動します。
また、Yボタンを押してからBボタンで大ジャンプ、
Aボタンで強力な攻撃をする等、とても爽快的なアクションでした!

デュアルリンクというシステムで、
ドリームイーターと一緒に、強力な攻撃を仕掛ける事ができます。
ソラとリクで、その攻撃は違ってたのですが、
それはドリームイーターの種類が違うからという事でしょうか?
最初はソラ編とリク編どちらもプレイしたいという事で、
ソラ編をさくさくと進み、ボスを倒してクリアして、リク編もプレイしました^^

リク編では、ノートルダムの鐘の世界で、
炎をまとった街の中で、ドリームイーターを追います。
(この時のリクは、1年前の姿で、新衣装でした)
新衣装のリクの背中には、ドリームイーターのシンボルマーク(?)がありましたが、
ソラは確認出来ませんでした^^;

リク編では、リクが追ったドリームイーター(ボス)を倒して終了します。
そのドリームイーターを倒した後、ちょうど試遊時間が終了しました^^
タイミングが良くてビックリです!

そして時間が経ってから、もう一度並んで体験してきました!
1度目は、さくさく進めてたので、ソラをじっくりプレイしたいと思い、
フリーフローアクションを中心に、バトルを楽しんでました^^

最後の最後にもう一度プレイしたいと思ったのですが、
すでに受け付け終了していて、残念に思ってたら、
キャンセルが3人分あるという事で、
最後の一人として、ご厚意でプレイさせていただきました^^
本当に、最後の最後でプレイ出来たのでとても嬉しかったです!
しかも最後の一人として体験出来たので、本当に良かったです^^
計3回、『KH3D』の試遊体験版をプレイしました♪

立体的な見え方なんですが、ムービー時のセリフの字幕は、
飛び出しているような、背景に奥行きがあるような見え方でした^^
あと、ソラのツンツンした髪型も、立体的に見えました!
ムービーだけでなく、フィールド移動やバトルの時も、
ニンテンドー3DSを立体的に見えるようにしておけば、常に立体的に見えます。
あと、最初のタイトル部分も立体的でした^^
個人的には、ソラのツンツンした髪型が立体的に見えたのには、
とてもテンション上がりました!
3Dでの見え方の中で、一番好きなところかもです^^


【PV内容(試遊版で観たムービー内容も含みます)】

イエンシッド様のセリフからPVが始まります。

マスター承認試験の事だと思うのですが
、強いから必要無いというソラに対して、
リクは、「闇の道を歩んだ俺は、
キーブレードに相応しいか確かめる必要がある」っと言います。
(ソラは『キングダムハーツⅡ』と同じ格好でしたが、
リクは同じ衣装に、前作の長髪から前髪も後ろ髪も切っています)

ソラが空(ダジャレじゃありませんよ^^;)を、
上から下に落ちていく(飛んでいる飛んでいるようにも見えます)プレイ映像が入りました。

トラヴァースタウンにて、ソラが1年前の姿、
新しいコスチューム(赤を基調とした服)で登場します。

自分の服が変わっているのを見て、「これもイエンシッド様の魔法かな?」っと呟き、
リクがいないので「おーい!リクー!」っと叫んだら、
上から「うるさいな」「ひどいノイズだ」っと声が聞こえてソラがこけます。
そのソラの上から来た人物が、
『すばらしきこのせかい(以下:すばせか)』の主人公でおなじみのネクでした。
(フルネームは桜庭ネクです)

ネクはゲームに参加中らしく、ソラの掌を見て参加者ではない事を確認します。

このゲームに勝たなくてはいけないというネクに、
ソラは「ゲームってよく分かんないけど俺が手伝おうか?」っと言います。
それを聞き、ネクは「初対面の相手を簡単に信用するんだな。
」「参加者じゃなければ手伝えない」と言いますが、
ソラは「参加者じゃないけど友達としてなら手伝えるだろ」と言います。
ネクは「友達って簡単になれるものじゃない」とソラに言います。

ネクについていこうとするソラに、
ネクは「変なヤツ 勝手にしろ」っと言い、どこかに行きます。
(この時のネクの移動方法が、フリーフローアクションでした)

※試遊版ではネクとの会話シーンで、BGMとしてTwisterが流れてました。

リクは、“ノートルダムの鐘”の世界で、
燃えた町の中を駆けつけ、ドリームイーターを追います。
(リクも新しいコスチュームに、1年前の姿でした)

ニンテンドー3DSのカメラ機能で、
掌でドリームイーターのワンダニャンがゴロゴロしてたり、
コウモリバットが飛んでるところを、カメラを通して見られるみたいです。

今回の新たなシステム、
「フリーフローアクション」によるバトルシーンがPV内で流れます。

ソラがネクに名前を聞きますが、ドリームイーターが出現し、
「ドリームイーター!?」っとネクが言い、
ソラが「変わった名前だな」っと言って
ネクが「いやいや(←この部分が一番あやふやです;)そっちだし」っとツッコミます。

PV最後に、ゼアノート視点の映像が流れ、
エヴェンとイエンツォが倒れてました。
「何をするゼアノート!? まさか記憶が戻ったのか?」
っと言っている間に(この部分はボイス無しでした)、
ゼアノートはキーブレードをブライグに突き立てた瞬間、タイトルが表示されます。

タイトルが表示されてから
「ネクだ 桜庭ネク 俺の名前」
「面白い名前だな」そのあとネクはツッコミをいれますが、
そのセリフは完全に忘れました;;


発売日は、今のところ2012年の春予定です^^
同梱版も一緒に発売する事を期待します♪
 

『シアトリズム ファイナルファンタジー(以下:シアトリズムFF)』



『シアトリズムFF』は、抽選で事前整理券が当選したという事で、
長時間並ばず試遊する事が出来ました^^

その事前整理券を貰いに行くまでに、ちょっとした事がありました。
それは、KH3D(2回目)の列に並んでいるときに、
整理券を貰いに行く時間が来てしまったんです^^;
列に並んでた場所が、
運よくスタッフさんが近くに居たので(場所によっては、近くにスタッフさんが居ないんです)
近くのスタッフさんに聞いてみましたら、
スタッフさんと一緒に取りに行くという形になりました^^
一緒に行ってくれたスタッフさんに「当られたんですね^^」と聞かれたんで
「あっ、はい!」っと喋ってたら、
この抽選、倍率が凄かったという話を聞きました^^;
抽選の当選は、かなりの高確率だったらしくて本当に驚きました!

体験版では、プレイできる曲は限られてたのですが、
自分の想像以上に面白く、とても楽しめました!
最初に選んだ曲は“ビッグブリッジの死闘”で、
その後は“素敵だね”を異界送りのシーンとともにプレイしたり、
ブレイズエッジ等々をプレイしました♪

【PV内容】
色んなプレイ映像が流れたんですが、
ムービーを観ながら遊ぶモードでは、
『ファイナルファンタジーⅧ』のスコールとリノアのダンスパーティー、
『ファイナルファンタジーⅨ』のエンディング
、『ファイナルファンタジーⅩ』のユウナの異界送りなどを楽しむことが出来るみたいです^^
(何の曲かは分かりませんが、『ファイナルファンタジーⅩⅢ』にて、
パルスでライトニングとスノウの会話シーンが流れる曲もあるみたいです)

フィールド曲のモードでは、キャラが歩いていくと、モーグリやチョコボが現れました♪
(戦闘曲では、敵と戦うんですが、キャラクターが可愛いです^^)
それから、スクエニさんの有名スタッフさん達が実際にプレイするシーンが流れ、
(そのプレイ映像によりますと、“反乱軍のテーマ”も収録されてるみたいです♪

最後には『KH3D』の実際のプレイ映像も流れました^^


『ファイナルファンタジーⅩⅢ-2(以下:FFⅩⅢ-2)』



『FFⅩⅢ-2』は、並んで試遊しましたが、
レグザの画面でしたので、綺麗な画質で快適な操作でプレイ出来ました^^

ノエルとセラが違う時代に飛んでからのスタートでした。
最初から巨大な敵と戦うのですが、
シネマティックアクションを思う存分楽しむことが出来ました^^
表示されたボタンを入力することで、
バトルの展開が変化するのは面白いです^^

巨大な敵を倒した後は、
モーグリも一緒にフィールドを移動して行動するのですが、
巨大な敵で時間を使い過ぎたせいか、
フィールド内での行動はあまりできませんでした^^;

【PV内容】
『ファイナルファンタジーⅩⅢ』のエンディングのあのシーンで、
ホープがセラに「これ、落ちてました」っと
セラがライトニングの誕生日にプレゼントした武器を見せます。
それを見てスノウは「義姉さんもクリスタルに」っと言いますが、
セラはそれに反論します。

頭の黒いバンダナ?を外して前髪を上げて、
黒いコートに身を包んでるスノウや、
大人に成長しているホープが登場しました。
(今回のPV内では、サッズの姿を確認しませんでした)

そして、今回の新キャラクターとして、
抑揚が少ない話し方の“ユール”という銀髪の女の子と、
一番最初に公開されたPVで、
ライトニングと対峙していた男性“カイアス”も登場しました。

ユールとカイアスは一緒に行動しているみたいですが、
セラ達と一緒にいるシーンもあったんですが、彼女は一体何者なんでしょうか?

街で人がいきなりシ骸になるシーンもあり、
最後はユールが倒れていて、
セラが「私達がタイムパラドクス(パラドックス?)を起こしたから」
っと嘆くシーンもありました。
ライトニングがセラと再会し、
「ここは、私が守れなかった未来だ」と言うシーンが流れ、
最後、うつ伏せのノエルの身体に、
カイアスが武器で突き刺すというシーンが流れPVが終わりました。


あと、スクウェア・エニックス TGS2011のパンフレットより、
ノエルの声優さんが、岸尾だいすけさんと公式的に発表されました^^


『ファイナルファンタジー零式(以下;FF零式)』

『FF零式』は、最初は無料配信体験版でプレイしたので
並ばなくてもいいかなっと思ってたんですが、
せっかくなんでと思い、並んで体験版をプレイしました^^

使用キャラは、カード君ことエース
(自分の中ではカード君が完全定着してしまいました^^;)、
クイーン、ナインの3人でした。

ファントマの吸収やカメラワークが、体験版よりもいいものになってました^^
新キャラも使えたみたいですが、時間が無くて、
結局最初の3人しか使う事が出来ませんでした;;


【PV内容】
坂本真綾さんが演じる、神秘的な女性の登場シーンからPVが始まります。
(名前の表示がDivaだったと思います)

アレシアがクリスタルに話しかける謎のシーンがあったり、
最後に血まみれのレムが「私を忘れないで」っと呟いて
死を迎えるような衝撃的シーンが流れました。
マキナが「俺に、ルシの力を!」っと叫んでるシーンもあるんですが、
もしかしてマキナもルシの力を手に入れるんでしょうか?

今回新たに発表された出演声優陣も、とても豪華な方々ばかりでした!
秋元羊介さん、井上麻里奈さん、森久保祥太郎さん、小林正寛さん、
平野綾さん、松本まりかさん、置鮎龍太郎さん、野中藍さん、石田彰さん、
田中理恵さん、諏訪部順一さんが、新たに発表された声優陣です!

秋元羊介さんはナレーター役として出演するみたいなんですが、
『キングダムハーツ シリーズ』のⅩⅢ機関ナンバーⅢのザルディンを演じられてます^^

森久保祥太郎さん、平野綾さん、松本まりかさん、野中藍さんが演じるキャラクターは、
クラスゼロが通う学校の、同じ生徒みたいです。

後の人物は、どんな立ち位置なのか詳しくは分かりません。
 



今回の試遊は、『KH3D』→『FFⅩⅢ‐2』→『KH3D(二回目)』→『シアトリズムFF』→…
…→『FF零式』→『KH3D(三回目)』の順でした^^
(『KH3D』率が高いですw)

『KH3D』を思う存分楽しめて良かったです!
最後の最後の試遊は、自分にとって嬉しい奇跡です^^


読みにくくてスミマセン;;
伝えたい事を纏めた結果、こんな感じになりました^^;
読みにくいと要望がありましたら、修正します。
(この内容を伝えたかったのに綴り忘れたって事もあれば、修正します^^;)

ここまで読んで下さり、ありがとうございました!




追記にて、拍手コメント返信です。

拍手[0回]



先ほどまで、『SQUARE ENIX 1st Production Department Premiere』を
視聴してました!
その内容を、公開された順に、感想も交えて伝えたいと思います!
(驚きの情報がありすぎて、テンションがハイになってます!)

司会は、クラウド役でお馴染みの櫻井孝宏さんと、
ザックス役でお馴染みの鈴村健一さんでした!
最初に来ていただいた橋本真司さんは、
「バーチャルコンソールで本日より『ファイナルファンタジーⅤ』が配信開始されました。
PSP『ファイナルファンタジーⅣ コンプリートコレクション』にも
『キングダムハーツ バースバイスリープ ファイナルミックス』、『The 3rd Birthday』と
同様にコードが入っており『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』と連動する」
と仰ってました^^


『キングダムハーツ バースバイスリープ ファイナルミックス』
・Co.ディレクター安江泰さんによりますと、
 「ミッションや爽快なアクション、
 強敵を多数追加したほかプレイアブルなエピソードも追加。
 今後のKHの展開を占うようなエピソードになっています。
 謎や伏線もたくさん張られている。」との事です!

・公式サイトにて、「新しい要素」に“シークレットエピソード”と“武器の追加”ページが
 追加されました!
http://www.square-enix.co.jp/kingdom/bbsfm/


『キングダムハーツ3D ドリーム ドロップ ディスタンス』

・正式名称が、上のタイトルとなりました!

・イエンシッド様が王様に、ソラとリクを連れて来るように言い、
 マスター承認試験をすると言ってました!

・ソラとリクが、デスティニーアイランドで会話しているシーンがありました!

・リクがトラヴァースタウンでシャドウに囲まれた時、
 複数のソラが、上空から降ってくるシーンがありました!

・あるワールド(多分“ノートルダムの鐘”が舞台のワールド)で、
 ソラがたくさんの鐘をくぐり抜けて、高いところからジャンプしたら、
 風船が下からたくさん降ってくるという映像がありました!

・トラヴァースタウンで、リクがアンセム(ゼアノートのハートレス)と対峙し、
 ソラがゼムナスと対峙してました!

・バトルにとても爽快感があって、リクが壁から壁を蹴ってジャンプして移動したり、
 ソラがトラヴァースタウンでよく見かけるポールを回転しながら登ったり、
 トラヴァースタウンの“あんなところを!?”っと言いたくなるような場所を
 滑って移動してました!

・『キングダムハーツ バースバイスリープ』では、一つのデータに、
 一人のプレイヤーを決めたら、ずっとその人だけしか使えませんでしたが、
 今作では、ソラとリクを交互に切り替えながら操作します!

・『キングダムハーツ3D ドリーム ドロップ ディスタンス』の
 ティザーサイトがオープンしました!
http://www.square-enix.co.jp/kingdom/3d/

・ファミ通.comにて、『キングダムハーツ3D ドリーム ドロップ ディスタンス』の記事が
 公開されました!
『キングダム ハーツ 3D』の正式タイトルが『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』に決定――【スクエニ第1制作部カンファレンス】 ファミ通.com


『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』

・ユウナの声優さんは、青木まゆこさん(今までは“麻由子”さんでしたが、
 “まゆこ”さん名義で出演されています)です!

・今日から、プレーションストアにて、
 『ディシディア デュオデシム プロログス ファイナルファンタジー』を300円で
 購入する事が出来ます!
 本編へと繋がるショートストーリーや、アーケードモードが楽しめます!
 ちなみに、このデータがあれば、
 『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』で
 エアリスをアシスト専用キャラで使えます!
 詳しくは、公式サイトにてです^^
http://www.square-enix.co.jp/dissidia_012/

・『ファイナルファンタジーⅩⅠ』のプリッシュが参戦します!

・バッツが次元城を歩いていたら、上空から
 「久しぶりだな バッツ」という声がして、PVが終わりました。
 もしかしたら、ギルガメッシュが参戦するのかもしれません!

・ファミ通.comで、記事が公開されてました!
『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』へと繋がるショートストーリーとバトルが楽しめる『プロログス』が本日配信!――【スクエニ第1制作部カンファレンス】 ファミ通.com

ココからは、司会者トークです^^(断片的ではありますが^^;)

鈴村さん「ザックスを出してほしいとずっと言ってます!」
      「カインは出るんだけどなー…」

島本さん(コスモス役でお馴染みの声優さんです^^)の話になって、
櫻井さんが「あの方は何も盗んでいません」っと言ってましたw
その島本さんが、ディシディアに出る前、
『鈴村さん、ファイナルファンタジー(以下FF)って知ってますか?』、
『(FFに)出たいです、戦いたいです』などと、鈴村さんに言ってたみたいです^^

エアリスがアシスト専用キャラで出演すると聞いて、鈴村さんが、
「ザックスも 頑張って 出演をー…!」や、
「エアリスはお亡くなりになってますから、ザックスもお亡くなりになってるんで、
 お亡くなり仲間という事で」と言ってました^^;


この次は、『FABULA NOVA CRYSTALLIS』の神話の映像がありました。
イロイロと考えさせられるところが多かったんですが、
とにかく一言だけ言いますと、エトロが可哀想でした;;
 

『ファイナルファンタジーⅩⅢ‐2』

・まさかの続編決定です!
 (とても楽しみです^^)

・ライトニングさんが甲冑姿で、なんか雰囲気が変わってますが、美しいです!

・黒髪でやや長髪の男と対峙してました!
 今作の新キャラクターらしいです!
 タイトルのイラストに、ライトニングさんと一緒にいる人物です!

・PVを観たところ、中世ヨーロッパ風でした!

・島山さんもゲストで来たんですが、退場した後に、
 何故か動画の上に、“島山さんはエトロ”と流れました^^;

・『ファイナルファンタジーⅩⅢ‐2』のティザーサイトがオープンしました!
http://www.square-enix.co.jp/fabula/ff13-2/

ファミ通.comにて、記事が公開されました!
『ファイナルファンタジーXIII-2』がPS3、Xbox 360用ソフトとして2011年に!――【スクエニ第1制作部カンファレンス】 ファミ通.com


『ファイナルファンタジー 零式(元アギトⅩⅢ)』

・タイトルが、“アギトⅩⅢ”から“零式”に変更されました!

・UMD2枚組というボリュームです!

・製作費がヤバくなるぐらい、声優陣が豪華らしいです!
 櫻井さんも鈴村さんも出演されていて、PVでは藤原啓治さんの声も聞き取れました!
 司会者さん2人とも、ヤバいぐらいの豪華な声優陣と言ってました!

・PVがとてもカッコ良かったです!
 特にバトルがカッコよくて、ストーリーにも深みがあるのが伝わりました!

・2011年夏発売という司会者さんの言葉に、ゲストの田畑端さんは、口を濁して、
 「半袖の内は夏ですよ!」っと北瀬さんがコメントして、
 「援護射撃しないでくださいよー!」っと司会者さんにツッコまれてました(笑)
 残暑の季節に入らないように頑張るらしいです^^

・『ファイナルファンタジー零式』のティザーサイトがオープンしました!
http://www.square-enix.co.jp/fabula/0/

・ファミ通.comにて、記事が公開されました!
『FF アギトXIII』改め『FF零式』の発売が2011年夏に決定――【スクエニ第1制作部カンファレンス】 ファミ通.com


『ファイナルファンタジー ヴェルサスⅩⅢ』

・ノクト(ノクティス)のボイスがついに公開されました!が、誰が演じているかは、
 分かりませんでした^^;
 (あと、ノクトの仲間の誰かに、宮野さん(リク役でお馴染み)のような声が聞こえました!

・高速道路のような場所や、都庁にコンビニのような店など、日本語まで街に存在してました!

・バトルは観た限りはアクションっぽかったのですが、実際のところは、まだ不明です^^;

・ステラが美しかったです!

・とにかくPVが凄くて、特に人物がキレイでした!


エンディングで、鈴村さんが言ってたとある話があります^^
『ファイナルファンタジーⅣ』(スーファミ)が新発売の時、
朝の3時から並びに行ったらしいんですけど、すでに人がいて、
前から4番目に並んだらしくて、家から出る時に、

鈴村さんのお父さん「こんな時間に何処に行くんだ」
鈴村さん「ゲームを買いに行ってくる」
鈴村さんのお父さん「時代は変わったな…」

という事が昔あったらしいですw



これで、内容や感想を全て伝えました!
(文章だと伝わりにくく、表わせなかった事も少々ありましたが^^;)

ファミ通.comの総合的な記事もまとめておきました^^

“SQUARE ENIX 1st Production Department Premiere”詳細リポート――【スクエニ第1制作部カンファレンス】 ファミ通.com

『FF零式』、『FF ヴェルサスXIII』など見どころ満載のPVのインプレッションをお届け――【スクエニ第1制作部カンファレンス】 ファミ通.com


これで、『SQUARE ENIX 1st Production Department Premiere』のレポートを、
終えたいと思います^^
この記事を打ち始めたのが9時40分頃だったんですが、
もうこんな時間(11時半頃)なんですね^^;

最後に、公開された映像は、1月20日に『ファイナルファンタジーⅩⅢ‐2』が、
1月27日にその他全ての映像が、HDで公開されます!
今回観れなかった人も、気になった作品は、是非チェックしてみてください!

拍手[2回]



仮眠を取ってたら、いつの間にか、日にちが次の日になってました^^;
それでは、『屍鬼』の試写会の感想や、その他諸々を綴らせていただきます^^




自分は屍鬼の試写会へ行ってきたわけなんですが、
ずっと実感が湧いてこなかった自分が、いざ上映会の中に入ったら、
『もうすぐ内山昂輝さんを、この目で見れるんだなー』と、ドキドキしました;

始まって、上映が始まる前に、ゲストの皆様が登場し、
内山昂輝さんを実際に自分自身の目で見たとき、
正直、感動して涙が出そうになりました^^;
(ずっと尊敬している人を実際に見ると、涙が出そうになるんですね^^;)

ゲストの皆様の中には、結城夏野役の内山昂輝さんのほかに、
尾崎敏夫役の大川透さんと、室井静信役の興津和幸さんと、
監督のアミノテツロさんがいたんですが、
自分の視線は内山昂輝さんしか見てませんでした←
割合で言いますと、9,5割は内山昂輝さんを見て、
0,5割は、他の3人方を見てたぐらい、内山昂輝さんを見ていたんですが、
そのことを今日友達に、『内山昂輝さんの隣に、大川さんがいたんやけど、
それでも視線は、ずっと内山昂輝さんを見てたんよー』ということを言ったら、
『ちょっ!?おーまーえー!』的なツッコミを頂きました♪
(何故大川さんを見ない!という意味みたいです^^;)

ゲストの皆様も、一緒に座って上映を見るということで、
座るところに行く時、内山昂輝さんが『座るんだー』とボソッと言ったのがツボでした^^

感想は、放送前という事と、ネタバレになってしまうので、多くは語れませんが、
やっぱり怖さというものがありました。
上映が終わったあとに、拍手をしたかったのですが、
一緒に見ている人たちが拍手しないので、出来ない状況で、
ゲストの皆様自身も、『屍鬼独特の雰囲気のせいで、拍手が起きない』と言ったら、
自分を含め、たくさんの人が拍手をしました^^

最初に感想を皆様に問われてた時に、
『恵ちゃんが可愛い』という話になったのですが、
確かにと、自分も思いました^^
でも、外から夏野の家を見るという行動はどうかと思いますが(笑)
話が経つに連れて、恵ちゃんが怖くなっていってるので、
何だか冒頭部分の恵ちゃんは久々で、新鮮な気持ちでした^^
あと、“噛んだり噛まれたり”発言が面白かったです^^

あと、ゲストの皆様が、GACKTが『屍鬼』に出演するということを、
YAHOOニュースで知って驚いたと盛り上がってました^^

OPとEDのことについて、ゲストの皆様に感想を聞かれていたんですが、
内山昂輝さんが、OPの記憶がないということで、他の皆様にツッコまれてましたが、
それは自分も同じでした←
なんか凄かったということだけは覚えてるんですが…
放送したら、OPを見直してきます。
EDのクレジットのキャストのところに、
内山昂輝さんの名前が一番上にあったので、自分の事のように嬉しかったです^^
後は見どころを聞かれてたときに、内山昂輝さんが、
『夏野と徹ちゃんのロマンス』と仰っていて、
自分は思わず、『うっ!?うーちやまこーきさーん!??』と心の中で叫んでました←
そして、大川さんが、『徹ちゃんと言われると、自分も透だから反応してしまう』とか、
『大川さんもいるから反応する』ということなど言ってました^^
そんなことを聞いて、内山昂輝さんが、
『これから徹ちゃんと言うと、大川さんの顔が思いつく』と言っていました^^
後は、尾崎医院でおなじみの、りっちゃんについての話を、
内山昂輝さんが言ったのですが、大川さん以降の方々が、
やすよさんの話で盛り上がってましたw

最後に、じゃんけん大会があって、ゲストの皆様に勝つということなんですが、
自分は、内山昂輝さんにだけは勝てたのですが、
大川さんで負けてしまいました;;
サイン入りの風呂敷が貰えなかったのは残念でした…
ちなみに、通常の風呂敷は貰えました。
(ちなみに、屍鬼ということなので、ふろ“しき”らしいです^^;)



退場する時に、ゲストの皆様はマイクを持って退場したのですが、
内山昂輝さんだけ椅子において退場したのが面白かったです^^


そのあと、時間があったので、
池袋まで行って、アニメイトというものに、初めて行きました^^
が、人があまりにも多すぎて怖かったです;;

とりあえず、最初はゲーム売り場の7階に行って、
そのあと、一階ずつ下へ降りようとしたのですが、
もう一つ上があったので、何だろうと思い、上へ行ってみると、
デュラララの特設会場がありました^^



ココも、凄く人が賑わってました^^;



これは、静ちゃんになりきろう的なものです。
自販機の下で、持っているようにして、誰かに撮ってもらうというものです^^

そのほかは、撮影禁止で撮ることは出来なかったのですが、
臨也の部屋のジオラマがあったのですが、
よく見ると、隠し部屋というものがありました^^;
デュラララ関係者のサイン入り色紙があったのですが、
静ちゃん役の小野さんの色紙には、
『い~ざ~や~く~ん 遊び~まぁ~しょ!』
というのがあり、面白かったです(笑)

そのあとは1階ずつ下に降りて、どんなものが売っているのか見ていて、
ファイナルファンタジーやキングダムハーツのところも少しあったので見たら、
ストラップ(FF)で、ゴブリン以外はすべて完売で、ゴブリンが少し可哀想でした^^;
ロクサスやソラのキーホルダーの人形があったのですが、
そこで、自分は買うべきかどうかという葛藤をしてました^^;

そして、部活のみんなにお土産を買いました^^



自分も今日食べたら、けっこー素朴な味でした^^

中に入っていたメモ帳は、友達にあげました♪


そのあと、スクエニショップにも行きたいと思いつき、行ってきました♪
最初に入ると、でっかいサボテンダーとトンべりの人形が迎えてくれました^^
セフィロスが埋まっていて、思わず撮りたかったのですが、
そのコーナーの雰囲気的には、撮れるものじゃありませんでした^^;

折角きたということで、何か買いたいと思い、
どうせ買うのならキングダムハーツのグッズが欲しいと思い、イロイロみたのですが、
マフラーいいなーと思ったら、値段が8000円だったり、
この帽子もいいなーと思ったら、値段が5000円以上だったりで、
悩みに悩んだ結果、買うことが出来ました!



この袋に入れてもらいました♪
そして買ったものは、ファスナーアクセサリーです^^



欲しいと思ったもののなかで、まだ良心的な値段でしたので^^;
ほかにも、キングダムチェーンのストラップと悩んでました;
あとは、チョコボか、モーグリか、サボテンダーの
クリアグラスを買うべきかどうか悩みましたが、結局買うことは諦めました^^;

とても濃い一日でしたが、とても楽しかったです^^
何より、一番尊敬している内山昂輝さんを見ることが出来たということが、
一番嬉しかった出来事でした^^

拍手[1回]



東京ゲームショウで撮った写メを色んなジャンルで貼りたいと思いますw
(少ないですが^^;)

スクエニブースのハガレンコーナーに、
アルの鎧があったので撮ってみました^^

そして、エンターブレインブースの柱が段ボールでした^^;
よく段ボールを見ると、“金→木”とあって、細かい工夫をしていると思いました^^



拍手[0回]



今日は東京ゲームショウの色んな感想です^^
まとめレポートは特にないと思って下さい^^;



スクウェアエニックスブース以外も、色んなブースに行きましたw

コーエーブースに行って、無双が好きな友達へのお土産に、うちわを貰ったり、
レイトンシリーズが好きな友達の為に、冊子を貰ったりしてきました^^


ソニー・コンピュータエンタテイメントブースでは、FFⅩⅢやKHBbSの試遊もありましたが、
こちらも整理券が配布されてたらしいです。
そして、アンケートに答えて携帯クリーナーをゲットしました!
(携帯クリーナーの画像は、この記事の下にあります^^)


エンターブレインブースでも、アンケートに答えてシャーペンとキーホルダーをゲットしましたw
(シャーペンとキーホルダーの画像も、この記事の下にあります^^)

そして、みずしな孝之先生のしなハウスで、トークショーを見てきましたw
高橋名人もゲストで登場していたのがすごかったです!
みずしな先生のアシスタントであるフジイさんが、しなハウスの外にいたので、
いい電子の本を買って、自分が声をかけて、フジイさんにサインをもらい、
写真も撮らせてもらいました!

その後にしなハウスで、みずしな先生と高橋名人のサイン会がありましたw
みずしな先生の本を買ったらみずしな先生のサインが貰えて、
高橋名人の本を買ったら、高橋名人のサインが貰えるんですが、
フジイさんにサインを貰う時に、いい電子を買ったので、
いい電子の本を渡して、みずしな先生にサインを貰いました!

先生がサインを書く為に、自分が渡した本をみずしな先生が開いたら、
フジイさんのサインがあったので、
その時みずしな先生がフジイさんのサインがあるのを見て、
少し「あれっ!?」って顔をされてました(笑)

サインして貰った後に、みずしな先生の写真を撮らせてもらいましたw
(サインを書いてもらった本の画像は、この記事の下にあります^^)



これで、3日間に渡った東京ゲームショウ2009の感想・まとめレポートを終わります。
ココまで読んで下さって、ありがとうございました!



拍手[0回]



今日は、ファイナルファンタジーの感想やまとめレポートです。
FFⅩⅢの試遊は出来なかったので、主に映像の感想になります。
ちなみに箇条書きですので。



【FFⅩⅢ】
・スノウとセラがキスした後、セラが涙を流していましたが、スノウが優しく頭を撫でて、セラが「ありがとう」と言いました。

・ヴァニラがセラに泣き崩れて「ごめんなさい」と言ってました。

・ホープのお父さんが登場しました。メガネをかけています。

・ホープとスノウが言い争っているシーンがありました。

・ライトニングがホープに自分の“ライトニング”という名の由来を話してました。

・弱っているセラが、ライトニング達に「コクーンを守って」と言ってました。

東京ゲームショウで公開された映像が、公式サイトで観られるみたいなので、良かったらチェックしてください^^



【FFヴェルサスⅩⅢ】
・今回は、すべて開発途中のフィールド画面が公開されました。

・昼の町に、謎の白い人がいました(ストーリーに関係するかは分かりません^^;)

・同じ町でも夜の町では、人が1人もいませんでした。

・自然のフィールドや草原のフィールドも開発中の画面で公開されました。(スタッフさん達が、頑張って2週間で作ったらしいです!)

・草原のフィールドでは、ベヒーモスがいました。野村さんのコメントが、「こーわいんですけど」と言って、スタッフが笑ってました(スタッフさん達のコメントは、全部字幕でした。)



【ディシディアFFユニバーサルチューニング】
・当たり前ですが、英語ボイスなので、シャントット博士やガブラス、WOLがそれぞれ英語で喋ってました。

・ガブラスが“犬死に”と英語で言ってたのですが、英語に訳すと、そのまんまでした^^;



これで、ファイナルファンタジーの感想・まとめレポートを終わります。
ココまで読んで下さってありがとうございました^^

明日は、スクウェアエニックス以外のその他のブースを少しだけ、簡単に感想を更新したいと思います。

拍手[0回]



今日から、東京ゲームショウの感想やまとめレポートを更新したいと思います^^
今回はジャンルによって、更新を分けようと思います。

今日は、キングダムハーツバースバイスリープの感想・まとめレポートです。



【KHBbS‐試遊の感想‐】
今回の東京ゲームショウで、アクアが初めて試遊が出来るということで、
今回はアクアでプレイしました。
ちなみにアクアが行った世界は、白雪姫の世界です。

7人の小人に話し掛けるアクアは、敬語を使い、とても礼儀正しいです^^
戦う時は、マジックタイプなだけあって、
魔法関連の技が多かったです。
あと、戦っている時のアクアの声が少し可愛かったですw
そして戦っている姿は美しくてかっこいいと思います!

鏡を見たら、鏡に仮面が現れて、アクアが鏡の中に吸い込まれて、バトルになりました。

倒したあとは時間があったので、ヴェンをプレイしました^^
今まで何回かヴェンをプレイしましたが、
いつもは、最初テキストから始まって、ボイスはありませんでしが、
今回の試遊では、ボイス付きムービーでしたw
ヴェンとネズミのジャックで喋っていて、途中からシンデレラも登場しました。シンデレラも、ヴェンのことは知っているみたいで、
「ジャック ヴェンとは友達になれた?」
と、シンデレラは言ってました。
ヴェンでの試遊では、シンデレラのドレスの材料を探すのですが、
自分は、ヴェンのバトルスタイルを楽しんでました^^


【KHBbS‐映像‐】
ここからは、箇条書きです。

・アクアが自分の分と、テラとヴェンにサラサ貝のお守りを作って、3人のつながりと言ってました。

・王様が、大きな本に乗って、荒れている海にいましたが、渦潮に巻き込まれてしまいました。

・王様が落としたらしい星のかけらを、ネバーランドでヴェンが拾いました。

・多分ストーリーモード内でなんですが、鎧を着た中の戦いがありました。声からしてヴェンが戦ってました。

・ザルディンとヴィクセンとレクセウスが、ディランとエヴェンとエレウスだったころの映像がありました。

・エヴェンは、まんまヴィクセンっぽくて、エレウスは、レクセウスの時と髪型が少し違うぐらいで(少し短髪?)、ディランは、ザルディンの髪型ではあるドレッドがありませんでした。

・エヴェンは研究者らしくて、ディランとエレウスは、門番らしき人でした。(声もノーバディのままっぽかったです)

・テラ、アクア、ヴェン達3人のキーブレードマスターらしき人も登場して、テラとアクアがマスター承認試験を受けてました。そこに、マスターゼアノートも見学してました。

・ヴェンとマスターゼアノートの弟子が対峙してました。

・マスターゼアノートの弟子は、喋ってたのですが、声が40%石田彰さんに似ているような気がしました。キーブレードを持つ時のかまえ方がリクと同じでした。

・ヴェンがマスターゼアノートの弟子に、
「テラがテラじゃなくなるってどういうことだ」と言ってました。

・ボードゲームのような画面があって、サイコロを振ってました。

・テラが、マスターゼアノートに“どうしたら強くなれるのか教えて下さい”と言っていました。

・ラストに、KHⅡFM+のシークレットムービーと同じ場面に、マスターゼアノートと、テラ達3人が対峙して、マスターゼアノートの弟子が、シークレットムービーに似ているような登場の仕方をして、マスターゼアノートが3人に、キーブレードの墓場のことを説明してました。かつては主がいたキーブレードの墓場で、キーブレード戦争があったと言っていました。



以上で、KHBbSの感想・まとめレポートを終わります。
長い文章を見てくださってありがとうございました^^

明日はファイナルファンタジーです。



【オマケ】
KHアバターマスコットのロクサスを買いました^^



拍手[0回]



今日は、学校から早く帰ってこれたということで、昨日行ってきたジャンフェスのレポートや感想を書こうと思いますw

待ち時間はすばせかをプレイしてましたw

【クローズド・メガシアター】
(※注意 朝の初回を観たので、100%覚えているわけではないので、断片的に思い出せるところしか書けません;;そこらへんはご了承下さい)

毎回恒例のクローズド・メガシアターの案内。今回はKHシリーズのリク役でお馴染みの宮野真守さんでしたw(前は入野さんや櫻井さんでした)
始まる前まで、drammmaticaの「The 13th Anthology」が流れ、カウントダウンの時間までありました。

一応流れた順番に紹介します(順番すらあやふやですが^^;)

まずは、DFFのCM2種類が流れました。


『KHモバイル』
・新しいミニゲームや建物が建てられるらしいですw


『KHcd』
・今回はTGS2008と同じトレーラーでした。


『KHBbs』
・今回はTGS2008と同じトレーラーでした。


『KH358/2Days』
・BGMは「Passion ~after the battle~」

・デスティニーアイランドの浜辺でロクサスがサラサ貝を拾い、「シオン…」と呟きながら、サラサ貝を見つめる

・公式サイトのトレーラーでお馴染み、ビーストキャッスルでリクと(フードを被った)シオンの戦いキーブレードでリクを攻撃しようとするが、リクはかわして、シオンを攻撃。

・デスティニーアイランドでリクとシオン
 シオン「友達を奪ってるあたしが憎い?」と悪者顔(?)を作りリクに言う
 リク「そうじゃない ただ 悲しいな」
 シオンはハッと悲しい顔をして「ごめんなさい でも 今は消えるわけにはいかないの」と言う

・デスティニーアイランド(?)でゼクシオンがロクサスに何かを見せ、ロクサスが動揺する(自分がソラのノーバディだと分かった?)、そしてリク(KHⅠver.)がロクサスの背後から登場する。

・トワイライトタウンでロクサスは、探してたシオンと出会い、逃げようとするシオンにロクサスはシオンの手を掴むが、シオンが振り払い、ロクサスにキーブレードを向ける。そしたらアクセルのチャクラムがシオンを襲い、シオンはキーブレードで防ぐ。そのまま、シオンとアクセルは戦うことになり、ロクサスは「やめろ!」と2人に言う。

・トワイライトタウンの時計台でロクサスとアクセルがいて、ロクサスは「遅いな」とシオンを待つ。アクセルは寝そべって、何か思い悩んだような表情を浮かべる。

・幽霊屋敷の前でシオンとアクセルが対峙
 シオンは“ただ あたしは帰るところに帰るだけ”とアクセルに言う。

・ロクサスとシオンは忘却の城に行った事がある。

・トワイライトタウンの時計台でロクサスと(フードを被ったシオン)
 シオンは忘れちゃいましたが、何かを言い、フードを取る。ロクサスがシオンを見て驚く。

・2月発売予定から春の予定になりました。


『The 3rd Birthday』
・今回はTGS2008と同じ内容でした。


そして、この前の「ゲームセンターCX」『自分トコの地域では映りませんでした;;」のDFFトレーラーが流れました。


『FFⅦACC』
・ツォンとイリーナがカダージュ、ロッズ、ヤズーに襲われたシーンも収録。

・カダージュの服が再生されてました。

・デンゼルの出番も多く、声も流れました。声変わり前の声でしたが、事前に池田恭祐さんの声をとっていかのか、それか違う人がしているのかは分かりません^^;

・ヘリコプターからレノとルードがロッズ、ヤズーに攻撃して、活躍してました。


『FFアギトⅩⅢ』
・今回はTGS2008と同じ内容でした


『FFⅩⅢ』
・今回はライトニング、スノウ、ヴァニラ、そして新しく登場のキャラクターにも声がありました。

・男2人と女1人の新キャラクター登場(一人の男の子は「~ッス」という口癖
 確か名前が“サッズ”“レブロ(リプロだったかも)”“ガトー”でした。(バトル画面から見たので、誰がどの名前かは分かりません)

・スノウが自分の使っている銃を“誰か使うか?”と捕らわれてた人たちに言うと、ローブを纏った女の子(ヴァニラ)が両手いっぱいに広げて、スノウから銃を渡してもらう。

・セラについての会話
 スノウ“セラを守る”ライトニング“守れなかったじゃないか”という話になり、ライトニングはスノウに拳でパンチ×2

・ライトニングはやっぱりクールビューティーな声で、スノウはカッコいい声、今回初公開のヴァニラの声は可愛い声でした。


『FFヴェルサスⅩⅢ』
・ノクトとステラは一度死に掛けたことがある。ノクトは死に掛けた時のことを「あれはやばかった」と言う。

・死に掛けたら、特別な力が手に入る言い伝えがあり、テネブラエでも、2人がいる国もそんな言い伝えがあるらしい

・“ノクティス様”と言うステラに「ノクトでいいよ」と言うが、それを行った後も“ノクティス様”と言うので、ノクティスが「ノクト」というが、ステラは「次会った時にはそう呼びます」と返す。



【ゲーム体験】

『KH358/2Days』
今回はTGS2008と同じ体験版でした。
最初はシグバールのハロウィンタウンを選びました。
アイスキューブがシグバールを攻撃して、シグバールの足が氷漬けになってました。

今回は整理券なしだったので、並んでさえいれば、体験する事ができましたw


『KHBbs』
こっちも今回はTGSと同じ体験でした。(アクアがいれば、使いたかったです…)
整理券が必要で、とりあえず2枚ゲット!
時間が重なって余分に貰った整理券は、欲しい人にあげましたw
最初はテラをプレイしましたw
テラ編には少しですが、ムービーが入ってましたw
ボスは意外と弱かったです^^;(テラが強いだけです)

2回目はヴェン編をやりましたw
こちらはやはり、ムービーはないです^^;
どうしてもヴェンがソラのように感じてしまう自分がいます^^;
ヴェンもやはり強いです。
シュートロックシステムがスゴイです!


『KHモバイル&cd』
こちらはモバイルをやってからcdをプレイするというシステムです。
2回ほど並びましたw
モバイルではバルーンや大富豪をやりました。
(グミシップスタジオは、もう購入したので)
バルーンは始めプレイしたので、ティガーが障害物だとは分かりませんでした^^;
そして大富豪は忘却の城のステージをしたのですが…アクセル…強すぎです…

そしてcdでは今回体験版では初登場の横スクロールもやりましたw
(普通のストーリーもやりましたが)
強制横スクロールは少し苦手ですが、押しつぶされたらゲームオーバーではなく、ダメージを受けるだけだったので少し安心しましたw



それぞれ体験や視聴したら、クリスマスカードがもらえますw
(KHモバイル&cdを体験したら、クリアファイルももらえましたww)
クリスマスカードの絵柄で、KHcdは初公開のイラストでしたw
KHモバイルはクリスマスをモチーフにした絵柄で、
KH358/2Daysはロクサス&アクセル&シオンが時計台でシーソルトアイスを食べながらじゃれてるフォトショットでした(雑誌で写った事があるものです)
KHBbsも見た事がある絵柄でしたw
ブラットオブバハムートは可愛い絵柄だったので最初、そのゲームとは分かりませんでした^^;



DFFのフレンドカード配信では、4人中3人しか貰えませんでした;;
野村さんと荒川さんと田畑さんを貰ったんですが、
荒川さんのフレンドカードが途中で無くなってしまいました;;
そういえば、野村さんのカードをやけに多くもらえました^^
後で分かったことなんですが、フレンドカード配信って、場所によって違うんですね^^;
終了時間まで粘ってた苦労がパァでした;;


【そのほかのブース】
スクエニブースでのやる事が一段落してから、他のところも回りましたw
(といっても、割合的に、スクエニに費やした時間が9割以上ですが^^;)

ジャンプ原画ワールドでは、それぞれ作者の手形がありましたw

そしてジャンプスクエアではサイン会もありましたw

イロイロ歩いてた時、「キャアアァァァァ!!」と黄色い歓声があったのでビックリしました。何かと思い、係員さんに聞くと、銀魂のステージだったらしいです。
(去年はリボーンのステージで黄色い歓声を聞きました)

お土産には眼鏡クッキーがありましたが、高いのでアウトでした^^;




本当に楽しかったし、やりたい事が全部できたので良かったですw
ありがとうございますJF!ありがとうございますスクエニ!



そして今日、友達や先輩にお土産を渡して行って来たことを知らせたときの、みんなの目が凄くて、テンションも凄かったです。事前に言ってくれれば~とも言われました^^;
そういえば、確かに言うのを忘れてました^^;

拍手[0回]




Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ つながり ] All Rights Reserved.
http://tunagari13clover.blog.shinobi.jp/